整形外科

診 療 概 要

整形外科では、全身の運動器官を造りあげている、骨・関節・筋肉・靭帯・腱・脊髄・神経の病気、外傷による損傷等の治療を行います。単に病気やケガを治すだけでなく、運動機能を元に回復させることを目的とします。不幸にして運動機能の回復が十分に得られなかったとしても、残った機能を最大限に活用して、元の状態に出来るだけ近く機能を回復させることも整形外科の大きな役割であります。又、運動機能の障害だけでなく、痛みを主とする疾患(神経痛・リウマチなどと言われる病気)の治療を行なうのも整形外科の主要な仕事です。当院では骨折などの外傷の手術に加え、手の外科、変性疾患に対する手術にも対応しています。
術後の機能回復訓練においても理学・作業療法士との連携によってリハビリテーションを行うことで、早期に社会復帰していただけるよう心がけています。

医師紹介

副院長 三宅 俊行

 専門領域 整形外科一般
 資格・認定等 日本整形外科学会専門医/日本リウマチ学会専門医/日本医師会認定産業医

松橋 美波(非常勤)

 専門領域 整形外科一般